600mmの超望遠レンズで狙うヒメボタル

ND5_5719_20170627_122048_M-Edit.jpg
「ホタルを超望遠で撮ったら面白いのでは?」って思いつきで、仲間の「150-600mm」の超望遠レンズを借りてヒメボタルの撮影をしてみましたw
換算600mmだと「f6.3」とかなり暗め、ここはD5の力をフルに発揮してもらい「ISO51200」で撮影しました!!
ダーク減算及びノイズ処理を施していますが、まだまだD5には余裕を感じられますね。 流石、ニコン~♪

この写真にコメントする

『600mmの超望遠レンズで狙うヒメボタル』へのコメント

  1. 名前:himawari ひまわり 投稿日:2018/06/13(水) 01:30:49 ID:9ea2b4e89 返信

    はじめましてhimawariひまわりです。
    以前、
    姫蛍を撮影に行った際、出会った方に望遠で!って言われたですが、意味がわからず。
    f値はが大きくなっても大丈夫なでしょうか?前ボケ、後ろボケを撮る感じですか?
    初心者質問ですいません

    • 名前:コサ 投稿日:2018/06/13(水) 09:06:45 ID:675547fdd 返信

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      姫蛍の場合は、前ボケが基本となります。つまり背景のピントは一番遠いところに合わせます。
      カメラの前を飛んでくれると前ボケとなる撮り方です。
      望遠レンズをオススメする理由は、姫蛍特有の丸ボケを大きく強調できるからです。
      広角側に行くほど、丸ボケの大きさが小さくなり、望遠側は逆に大きくなります。

      ただおっしゃるようにf値が暗くなるとその分ISOを上る必要が出てきます。
      よってお値段も高いですが必然的にf値が小さい明るい望遠レンズが必要になります。

      個人的には、フルサイズ換算で85mm~135mmあたりの丸ボケが好みです。

    • 名前:匿名 投稿日:2018/06/21(木) 13:18:16 ID:ad68f553f 返信

      ありがとうございます!